小樽運河クルーズ

船のご紹介

ご案内カモメ小樽運河クルーズで活躍している船は現在6隻。幅の狭い運河でも小回りが利くよう、船の前にもモーター(バウスラスター)を搭載しています。また環境にやさしいバイオディーゼル燃料を使用しています。

カナル1号

カナル1号

boat1-2■1973年造/最大旅客人数17名

 運河クルーズの記念すべき第1号艇です。全ヒノキ材で出来た木造船で一番味わいのある船です。 かつては手漕ぎのカッターボートとして活躍していましたが、引退後エンジンをつけ、色とニスを塗り再生させたのが1号艇です。 運河クルーズの歴史はこの船から始まりました。

 15人程度の貸し切りなら1号は最高のクルージングを楽しめます。イベントやテレビ撮影(動画が開きます)で使用が多いのも1号艇なんです。2号、3号と違い座席は縦についています。

カナル1号冬仕様

冬期間はホロと座席ヒーターが装着されるので温かくクルーズをお楽しみいただけます。

カナル1号の座席配置

 

カナル2号・3号

boat2boat2-2■2012年造/最大旅客人数23名

 1号での問題点を踏まえて造られたのが2号と3号です。1号と違い座席が横についているので、ガイドがより分かりやすくなっています。また、1号より小回りが利くように改良されているのも特徴です。運河クルーズで一番活躍する船で、お客様が乗る機会が多いのも2号、3号です。

 2号と3号は同じ設計なのでほとんど違いはありませんが、船を留める部分が異なっています。機会があったら是非チェックしてみてください。

カナル2・3号の座席配置

 

カナル4号

4号艇

boat4■2015年造/最大旅客人数10名

 コンパクトでかわいいカナル4号は、カナル1号と同じように手漕ぎボートを改造して造られました。また、1号と同じように座席が縦に付いています。1号との違いは、木ではなく軽量な強化プラスチックからできていることです。小さくて軽い4号は、6隻あるカナルボートの中で一番の機動性を誇ります。南運河で切り返さないでUターンできるのはこの船だけです。

 4号は10名まで乗れるので、少人数での貸し切り、プチ女子会、サプライズなどに最適です。水面により近い景色が楽しめますし、キャプテンとも親密になれます。

カナル4号の座席配置

 

カナル5号

■2015年造/最大旅客人数40名

 2015年8月にできた5号艇は、カナル2・3号をもとに全長は1m長く、全幅は0.6m大きく設計されました。小型なカナル4号がイルカサイズだとすると、カナル1・2・3号はシャチサイズ、そして大きなこのカナル5号はクジラサイズといえます。船の顔のような船首部分ですが、5号は他の船と違い、スタッフの間でもクジラっぽいという話が出ています。

 サイズが大きい分、他のボートよりやや足が遅いですが、小回りが利く2・3号にも負けない機動性があります。また、大型バス1台とほぼ同じ人数の40名が一度に乗れるので、大きな団体でのクルージングにも最適です。

カナル5号の座席配置

 

カナル6号

小樽運河クルーズ カナル6号

■2017年造/最大旅客人数48名

 カナル6号は、5号と同じ大型カナルボートで、全長全幅ともに5号とほぼ同じです。ただ、船首が尖がっていてスリムにみえる5号に対して、6号の船首は丸みを帯びているため、全体的に少しぽっちゃりしています。このおかげで、5号より船内が広く、座席も8つ多くなっています。一度に多くの方が乗れますので、大人数で運河をクルーズするにはもってこいの船です。

 ぽっちゃり型の6号ですが、速度や機動性の面では5号に劣りません。狭い南運河の奥でも問題なくUターンできます。ちなみに船首には古いランタンがついていて6号艇のチャームポイントになっています。ぜひチェックしてくださいね。

カナル6号の座席配置

 

運河クルーズの通常運行ではより多くのお客様にご乗船いただけるよう、各便の乗船人数によって随時船の割り当てを行っております。そのため船のご指定はできませんのでご了承ください。貸し切りの場合、事前打ち合わせの上対応できるケースがございます。是非お問い合わせください。